• クリニック紹介
  • スタッフ紹介
  • 初めての方へ
  • 診療案内
  • 交通・アクセス

インプラント

インプラント治療とはインプラント治療の流れインプラントのメリットQ&A他の治療との比較

インプラント治療とは

インプラント治療とは

インプラントは、チタン製の人工歯根を正常な歯と同じようにあごの骨に直接埋め込むので、健康な隣の歯まで削る必要がありません。
また、噛む力を直接あごの骨で受けるため、強い力で噛めるようになり、これまでと同じように食事を楽しむことができます。

当院の症例

before 矢印 after

患者さんの声

患者さんの声

インプラントにしてよかったと思います。
食物などもしっかりかめるようになりました。
費用面では少しかかりましたがそれだけの価値はあると思います。

このページの先頭へ

インプラント治療の流れ

当院ではCT(メディカルスキャン)を行い、より正確な治療ができるよう心掛けております。

一次手術

所要時間 約30~120分
局所麻酔をし、歯肉を切開します。
歯槽骨にインプラント体より少し小さめの穴をあけ、その穴にインプラントを埋入します。
埋入したインプラントに歯肉をかぶせた状態で縫合すれば、一次手術終了です。

治癒期間

治癒期間

治癒期間 約3~6ヶ月
インプラントと骨が結合するまで約3ヶ月から長い方で6ヶ月間待ちます。
この間に、インプラントの素材であるチタンと骨とがしっかりと結合し、自分の歯でいう、歯根と同じような役割を果たせるようになります。

2次手術

2次手術

所要時間 約30分 / 治癒期間1~6週間
人工の歯を取り付ける準備をします。
局所麻酔をして歯肉を切開しアパットメントを取り付けます。
切開した歯肉を縫合すれば二次手術終了です。
この状態で、歯ぐきが治るまで1~6週間おきます。
二次手術を行わない1回法の手術法もあります。

人工歯冠の作成・装着

人工歯冠の作成・装着

所要時間 約1週間
歯肉が治った時点で型を取り、人工の歯を作ります。
形や色などは患者さんに合わせて作製し、インプラントにスクリューで固定します。
噛み合わせの調整をして完了です。
インプラントへの固定は、人工の歯をセメントにより固定する方法もあります。

メインテナンス

インプラントの寿命はこのメンテナンスが出来ているかいないかで大きく違ってきます。
天然の歯には、歯とあごの骨の間に粘膜(歯根膜)というものがあり細菌の付着や侵入を防いでいます。
しかし、インプラントはこの粘膜が無く骨と直接結合しているため、歯と歯茎の境目が問題を起こしやすい環境になっています。
そのため、普段の歯磨きはもちろんの事、プロスタッフによるメンテナンスが必要となってくるのです。

このページの先頭へ

インプラントのメリット

インプラントのメリット

  • 自分の歯と同じような感覚で噛む事が出来、食べ物の感触がよくわかります。
  • 周りの歯を傷つけません。
  • 見た目は自分の歯とほとんど同じようにきれいに仕上がります。
  • インプラントがあごの骨に力を加えるので歯が痩せるのを防ぎます。

インプラントのデメリット

  • 外科的な手術が必要になります。
  • 他の治療に比べて自費治療になるため治療費が高額になりがちです。
  • 骨への定着期間を入れると治療期間が少し長くなります。

※保険外診療となります。骨の状態、全身状態により適用とならない場合があります。詳細は担当医までご相談ください。

インプラントQ&A

治療期間はどのくらいですか?
個人差はありますが、一般的に2ヶ月から6ヶ月程度です。
インプラントを埋入する部位にもよりますので、担当医にご相談ください。
費用はどのくらいかかりますか?
インプラント治療は現在保険治療が行えません。
使用する本数や種類などによって異なりますので、詳しくは担当医にお尋ねください。
治療はだれでも受けられますか?
顎の骨が完成する18歳前後から、お年寄りまで健康な方であればどなたでも可能です。
ただし、妊娠中の方や全身疾患のある方などは制限される場合がありますので、ご相談ください。
一度入れたインプラントに寿命はありますか?
患者さんのお口の衛生状態によって変わりますが、きちんとお手入れをすれば長持ちしますし、逆に手入れが悪いと寿命が短くなる場合があります。
長持ちさせるためには、しっかりとブラッシングし、医師による定期健診でチェック、指導してもらいましょう。
インプラント治療後、食べ物などの制限はありますか?
インプラントは顎の骨と結合し、丈夫な土台となりますので、自分の歯と同じように固いものでもしっかりと噛むことができますので、入れ歯のような制限はなくなります。
このページの先頭へ

他の治療との比較

ブリッジ

ブリッジ

メリット
  • 部位により、保険適応のものがある。(奥歯は銀歯になります)
  • 固定式であるため、装着後の違和感(装着感、わずらわしさ)が少ない
  • インプラントに比べて、治療期間が短い
デメリット
  • 抜けた歯の隣にある健康な歯を削る必要がある。
  • ブリッジと歯肉の間などは清掃しにくい。
  • 歯の抜けた部分の骨がやせる。
  • 食べカスが詰まりやすい
  • 支えになる歯に負担がかかり、歯が弱くなることがある

入れ歯

部分入れ歯

メリット
  • 種類に応じて、保険適用のものがある。
  • 歯を削る部分が少ない。
  • インプラントに比べて、治療期間が短い
デメリット
  • 口の中に違和感がある(装着性が悪い)
  • 入れ歯に慣れるまで時間がかかる(個人差があります)
  • 個人差がありますが味覚が変わる場合があります。
  • メンテナンス(リベースやバネの修理)の必要がある。
  • バネによって歯に負担がかかる
  • 食べカスがたまるので、不衛生になりがちである
  • 自然な外観を損ねがちである
このページの先頭へ